プロフィール

藤田貢子

Author:藤田貢子
大阪、ゴールドジムや関西圏での出張にてのパーソナルトレーニングを提供させていただいています。
自分自身、元々肥満体質で摂食障害や甲状腺低下症ありましたが、自分に合った正しいトレーニングと我慢しない食生活により断薬、25kgのダイエットに成功。男女問わず、パーソナルトレーニングで、年々下がる代謝にストップをかけるべく、一生痩せやすくいつまでも元気でいられる体質作りトレーニングをしましょう。

しっかり食べて全身を内から引き締めるパーソナルトレーニング。

当たり前のことですが、正しいフォーム、その人に合った角度、タイミング、食事法でやらなければ何年経っても変われません。

トレーニングでは、軽めのウェイトやマシン、自重を用いた筋トレに、女性らしいくびれやヒップラインを形成するための独自の連動トレーニングをミックスさせて、中からコルセットをつけたかのように引き締まった身体にしていきます。


そして、一日、一日の食事やサプリメントのタイミングも、とても大切です。続かない食事制限やストレスは禁物!

トレーニングも食事もずっと続けられる方法が一番!

そのために、ゴールドジム公認パーソナルトレーナーが付き、あなたの体質や悩みに合ったパーソナルトレーニングと食事栄養プランを提供させていただきます。

ちょっと一歩進んだ独自のBody Re:Make パーソナルトレーニングで、今まで叶わなかった健康的な理想の身体を手にいれませんか。


最新記事


ストレスホルモン

コルチゾ-ルが分泌されると身体は一体どうなるのでしょう??


☆成長ホルモン抑制
IGF-1の発現も低下させます。←筋肥大には困る現象ですね(>_<)

☆テストステロンレベル低下

☆脂肪蓄積
筋肉の分解だけでなく体脂肪蓄積を促進してしまいます。
←ハリのないぼてっとした体型になっちゃうってことですね(ノ゜O゜)ノ

☆免疫低下


などなど、、、

ストレスホルモンが分泌されていいことってないわけです(>_<)


前回トレーニングでもコルチゾ-ルが分泌されると言いました。

ではトレーニングしたら身体に良くないのか?というとまた別で、


適度なトレーニング→休養&食事を繰り返すことで、身体はストレスに強くなっていきます。

適度なストレスって人間には必要なんですよねo(^-^)o


いろんな壁を乗り越えた人って精神的にも強くなりますよね☆それと同じことがトレーニングでも起こっていて、前回のトレーニングストレスよりも強いストレスに対応できてくるようになるんです(^_-)-☆

でもそのためには、がむしゃらにトレーニングするんじゃなくて、

適度にが大切っ!

そして、トレーニングのためには栄養や休養もとっても大切です。


痩せたい、身体変えたい!という人は

☆適度なトレーニング
☆必要な時に必要なだけ栄養摂取
☆定期的な休養


を厳守して行えば理想な身体に変わっていきますよo(^-^)o



Body Re:make .パーソナルトレーナー 藤田貢子
ダイエットや肉体改造って根気がいることですよね(´Д`)

短期間で痩せても、無理しすぎて痩せても、リバウンドが待っていたり、痩せなくなったり、、、。


☆食事制限かなりしてるのに

痩せない(>_<)


☆頑張ってトレーニングハードしてるのに

身体が変わらない(>_<)


こんなことありませんか?


頑張るにも方法や方向があって

頑張り方を間違えると全然身体が思うように変わってくれないのです(┬┬_┬┬)



そこに関係しているのが以前もお話した

ストレスホルモンである
コルチゾールというクセモの(*`O´)


このクセモのは、脳下垂体から分泌される副腎皮質刺激ホルモンの指令を受けてから分泌され慢性的なストレス反応を引き起こすヤツです。


例えば食事制限しすぎて精神的ストレスが溜まってくると、クセモのが増え、ストレスに対処するため

筋肉を分解してエネルギー(ぶどう糖)を得て血糖値を上昇させます。
←筋肉細胞への取り組みを鈍らせて大事な脳のためだけにエネルギーを利用させようとするんですね。


しかしながら筋肉で分解されたぶどう糖が全て脳に送られるわけではないため、あまったぶどう糖は脂肪として蓄積されてしまうんです((゜Д゜ll))


なんてことだっ)゜0゜(


せっかくの筋肉だったものが勝手に糖に変わり→脂肪としてまた蓄えられるなんて(ノ゜O゜)ノ



頑張って毎日筋トレして食事も我慢してるのに、、、


こんな仕打ち酷すぎますね( ̄▽ ̄;)


そしてストレスが溜まると甘いものが欲しくなったりしますよね、これはコルチゾールが出てきている証拠ですo(><)o

糖分で何とかストレスに対処しようとしてるんですね。

トレーニングもある意味、身体に軽いストレスを与えています。なのでトレーニング後の糖質補給というのは筋肥大のためだけでなく、コルチゾールを落ち着かせるためにも必要なんですo(^-^)o

どうして落ち着かせなきゃいけないのか??


コルチゾール君の本性は、次回また詳しく書いていきたいと思います♪



やり過ぎない、我慢しすぎない

何でも適量そしてストレスを溜めすぎないことが


ダイエット&肉体改造の近道になりますよ(^_-)-☆
もうそろそろ、梅雨明け、、、

すでに夏バテしそうな暑さですね(ι´О`ゞ)

だけど、こんな暑い夏なのに

あんまり汗かかないf^_^;って人いませんか?


それは、おデブ体質になる前症候群かも?!


体温が低く代謝が下がっているから(>_<)

体温が低いと、、、


痩せにくい身体になってしまいます(;´・`)

免疫力も低下してしまいます。

お肌もカサカサになってしまいます。


身体のすべてにおいて新陳代謝が下がってしまうんです(T_T)


原因は、無茶苦茶なダイエット、運動不足、冷たいものばかり口にする、カフェイン取りすぎ、クーラーづけ、お風呂に浸からないなど。

当てはまるものが一つでもあれば、代謝低下に気をつけて(´Д`)!


日本には湯舟に浸かるという素敵な文化があります♪
しっかり浸かって汗をかいて毛穴から老廃物を出し切りましょー(^O^)/

そして暑いからといって、あまり冷たいものばかり口にすると内臓が冷えてしまうので、外は冷やしても内臓は冷やさないように気をつけてくださいねo(^-^)o

筋肉を動かすことは基礎代謝アップにもうってつけ!

今後太りにくい身体になるために、筋肉も動かして付けて代謝をあげておきましょう(^_-)-☆



Body Re:make .パーソナルトレーナー 藤田貢子
痩せるにも筋肥大にも肉体改造にも

すべてにおいて


バランスが大切です。


☆食事のバランス
☆トレーニングと休養のバランス
☆メンタルとフィジカルのバランス
☆身体自体のバランス

などなど

どれかのバランスがおかしくなっていると、いくら頑張っても中々思うような結果がでません(T_T)


極端にカロリー制限しすぎたりしてもストレスとリバウンドがついてくるでしょう、、、


筋肉早く付けたい、肉体改造したいからといってトレーニングをやりすぎてオフ取らないと回復しない時なのに、休みなくやりすぎても筋肉が萎縮してしまうだけです。


特に女性は、メンタルに左右されやすい生き物☆恋愛や仕事などで上手く行ってないときってやる気でなかったり、イライラして食欲に走ってしまったりしてしまいます(;´・`)ネガティブマインドにならないような、思考の変換練習が必要です。


筋トレで身体を鍛えているのであれば、同じくらい関節や筋肉の柔軟性もとても大切です♪


このように、どんなこともバランスって大切なんですよねp(^^)q


自分を客観視できる眼を養う、周りの意見も取り入れてみると新しいことが見えてくるし、停滞期だった身体が、

いきなり変化しはじめたりもしますよo(^-^)o


最近オフを取り忘れていた自分へのブログです( ̄▽ ̄;)

アクセルしか付いていないので、そろそろブレーキをつけなければ( ̄▽ ̄;)

アクセルとブレーキもバランスですね(´Д`)


ということで、みなさんも

頑張りすぎない程度に身体変化を楽しみながら頑張ってください( ̄▽ ̄)ψ






Body Re:make .パーソナルトレーナー 藤田貢子

100repsする理由

先日お話した

100reps

簡単にいうといつもやっているトレーニングの10回3セット→トータル30回というものをトータル100回します( ̄▽ ̄)

といっても、普段扱う重さでは100回もできないので、20〜30回できる重さを設定して、

20〜30回行ったら10秒くらい休んで→次は10〜15回→10秒くらい休んで→また10〜15回くらいやりつづけ

トータル100回になるまで続けます☆



なぜこんなことを??


筋肉は始めに遅筋が使われ無理になったらやっと速筋が動員されます。

筋力アップや筋肥大という点では10回以下の重さで行う高重量のほうがベスト!が王道

ですが、こればかりでは身体も慣れてしまい変化が見られなくなる、いわゆる停滞期に入ってしまいます(>_<)


そんなときにいろんな方法がありますが100reps法を取り入れると身体はまた変化をしようとします。

20repsではほとんど遅筋のみ。最後の1repや2repsになってやっと速筋が使われます。

これを何セットか連続で行う。
100reps行うということは、セットごとに何回かバーン感がやってきます←この時速筋が使われる。物理的ストレスから化学的ストレスに変えるのです。

最初のセットはそこまでかもしれませんが、中盤〜最終セットになると、、、

やってみるとわかるでしょう( ̄▽ ̄)ψ焼け付くような痛みがやってきます!
←これが身体が変わる刺激の一部。

そして筋肥大、筋肉をつけるには速筋繊維を使うことだけでなく代謝性への負荷も必要になってきます。


乳酸の蓄積、成長ホルモンやIGF1などが分泌されることで、さらに筋肉がついていくわけ。


筋力だけでなく筋持久力がつくということはより重いウェイトでトレーニングできたり、同じウェイトで高回数こなせるようになるんですよp(^^)q


そして、脂肪が溜まってなかなか減らない部位にもオススメな方法なので、女性にもススメたい方法でもあります(^_-)-☆


脂肪が溜まっているということは、そこの部位をちゃんと動かせていないから。
10回以下でできる重さでは特に女性は、なかなか意識がそこに向かわないことがあります。脂肪残したまま筋肉がついて太くなった気がするのは、そのせいかもしれませんね(>_<)

だけど、何回もできる重さで3セットだけでは刺激が足りなさすぎて効果があまり見られません。


苦手部位に100repsをたまに取り入れてみると、形も変わってきますよo(^-^)o

できれば単関節種目で行ってみてくださいね(^_-)-☆
初めてという方は、ちゃんとトレーナーさんについてもらって、怪我のないよう行ってみてください☆

わたしは100repsが今は楽しみで仕方ありませんO(≧∇≦)o


明日は、カールしよーっ!



Body Re:make .パーソナルトレーナー 藤田貢子

 | ホーム |