プロフィール

藤田貢子

Author:藤田貢子
大阪、ゴールドジムや関西圏での出張にてのパーソナルトレーニングを提供させていただいています。
自分自身、元々肥満体質で摂食障害や甲状腺低下症ありましたが、自分に合った正しいトレーニングと我慢しない食生活により断薬、25kgのダイエットに成功。男女問わず、パーソナルトレーニングで、年々下がる代謝にストップをかけるべく、一生痩せやすくいつまでも元気でいられる体質作りトレーニングをしましょう。

しっかり食べて全身を内から引き締めるパーソナルトレーニング。

当たり前のことですが、正しいフォーム、その人に合った角度、タイミング、食事法でやらなければ何年経っても変われません。

トレーニングでは、軽めのウェイトやマシン、自重を用いた筋トレに、女性らしいくびれやヒップラインを形成するための独自の連動トレーニングをミックスさせて、中からコルセットをつけたかのように引き締まった身体にしていきます。


そして、一日、一日の食事やサプリメントのタイミングも、とても大切です。続かない食事制限やストレスは禁物!

トレーニングも食事もずっと続けられる方法が一番!

そのために、ゴールドジム公認パーソナルトレーナーが付き、あなたの体質や悩みに合ったパーソナルトレーニングと食事栄養プランを提供させていただきます。

ちょっと一歩進んだ独自のBody Re:Make パーソナルトレーニングで、今まで叶わなかった健康的な理想の身体を手にいれませんか。


最新記事


さてさて、今回は麺についてですニコニコチョキ
 
ランチに麺類選ぶ方はたくさんいらっしゃいますねo(^-^)o
 
では、ランチの際、どんな麺類を選ぶとダイエットに繋がるのでしょう可愛く美しいBODY☆STYLEを造るBODYデザイナーのダイエットブログ-294229_17.gif
 
 
ラーメンは最近ずっと人気な麺類ですが、ラーメンで一番危険なのは、麺という糖質に、スープにたんまり使われた油脂ショック!
 
 
 
これは、脂肪を身体に溜め込むために食べているような組み合わせあせる
 
でもたまには食べたい!!
 
そんなときは、野菜多めのものを選んだり、スープを残したり、豚骨や味噌ではなく醤油や塩味を選ぶとまだマシですょ可愛く美しいBODY☆STYLEを造るBODYデザイナーのダイエットブログ-206840_17.gif
 
+チャーハンは……どちらかにしましょう得意げチョキ
 
 
そしてうどんとお蕎麦音符
 
 
賛否両論言われていて、わからなくなっちゃいますよねあせる
 
どちらも油脂や砂糖は使われておらず、麺類では安心して食べれるほうではないでしょうかニコニコ
 
違いはというと…
 
うどんは小麦粉と水というかシンプルな材料で作られていて、あとは具次第ですね音符
 
お野菜や鶏肉が入ったものを選ぶとバランスよくなります。
 
一方お蕎麦は、そば粉と水ですが、このそば粉自体にミネラルや食物繊維が豊富!!なので吸収も穏やか音符
 
あとはやはりこちらも具たくさんのものを選ぶほうがバランスがもっとよくなります可愛く美しいBODY☆STYLEを造るBODYデザイナーのダイエットブログ-307547_17.gif
 
 
フォーは米からできていてスープ自体も味付けがシンプルだったり、具だくさんなので、ヘルシーにいただける麺類ですねo(^-^)o
 
 
パスタもシンプルですが、どうしてもオイルが大量に使われています。。身体によいオリーブオイルといえど摂りすぎはよろしくありません(>_<)
 
なのでクリームパスタよりもトマトソースや魚介類、和風などを選ぶと野菜やタンパク質も摂取でき、バランスもよくなりますドキドキ
 
 
 
ここに、パン…は控えましょうねっ得意げ
 
 
炭水化物にまた炭水化物は危険ですっ可愛く美しいBODY☆STYLEを造るBODYデザイナーのダイエットブログ-216314_17.gif
摂りすぎた炭水化物は脂肪へと蓄えられてしまぃますょあせる
 
適量の炭水化物がダイエットに最適っ可愛く美しいBODY☆STYLEを造るBODYデザイナーのダイエットブログ-265112_17.gif
 
 
どうしてもお昼は、炭水化物+炭水化物になりがちです。
一品炭水化物を選んだら、他はお野菜やタンパク質、スープなどを選ぶようにしてみてはどうでしょう可愛く美しいBODY☆STYLEを造るBODYデザイナーのダイエットブログ-206840_17.gif
 
それだけでも身体に変化が見られてきますよっ可愛く美しいBODY☆STYLEを造るBODYデザイナーのダイエットブログ-245706_17.gif可愛く美しいBODY☆STYLEを造るBODYデザイナーのダイエットブログ-265112_17.gif
 
 
 

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |