プロフィール

藤田貢子

Author:藤田貢子
大阪、ゴールドジムや関西圏での出張にてのパーソナルトレーニングを提供させていただいています。
自分自身、元々肥満体質で摂食障害や甲状腺低下症ありましたが、自分に合った正しいトレーニングと我慢しない食生活により断薬、25kgのダイエットに成功。男女問わず、パーソナルトレーニングで、年々下がる代謝にストップをかけるべく、一生痩せやすくいつまでも元気でいられる体質作りトレーニングをしましょう。

しっかり食べて全身を内から引き締めるパーソナルトレーニング。

当たり前のことですが、正しいフォーム、その人に合った角度、タイミング、食事法でやらなければ何年経っても変われません。

トレーニングでは、軽めのウェイトやマシン、自重を用いた筋トレに、女性らしいくびれやヒップラインを形成するための独自の連動トレーニングをミックスさせて、中からコルセットをつけたかのように引き締まった身体にしていきます。


そして、一日、一日の食事やサプリメントのタイミングも、とても大切です。続かない食事制限やストレスは禁物!

トレーニングも食事もずっと続けられる方法が一番!

そのために、ゴールドジム公認パーソナルトレーナーが付き、あなたの体質や悩みに合ったパーソナルトレーニングと食事栄養プランを提供させていただきます。

ちょっと一歩進んだ独自のBody Re:Make パーソナルトレーニングで、今まで叶わなかった健康的な理想の身体を手にいれませんか。


最新記事


あえて糖質を摂るならいつ摂るのが
 
ダイエット、痩せ、肉体改造には近道なのでしょう??
 
筋肉を作る上でも大切な糖質ですが、タイミングや量、種類を間違えると脂肪を蓄えてしまうので
 
ちょっとしたコツが必要になってきます美しいBODY☆STYLEにRe:Make!大阪パーソナルトレーナーダイエットブログ-o0020002010661831385.gif
 
 
まず
 
一番摂っても安心なのは、
 
筋トレ直後☆
 
この時身体は筋肉へのインスリン感受性優位になっているため
 
脂肪よりも、筋肉にまわってくれるのですニコニコグッド!
 
 
インスリン感受性とコルチゾール抑制が関係しているからなんです。
 
トレーニングで分泌されるコルチゾールは起床時や絶食時のときよりも、かなりレベルアップするんですよねショック!
 
このときに、高GIの炭水化物を摂取することが最大のポイント!!
 
炭水化物で、コルチゾールレベルを抑制得意げ
 
筋肉を作る上で大切な時間です!
 
 
二番目は、
 
トレーニング2時間後やトレーニング前
 
GLUT4は2時間経つと消えていきますが、インスリン感受性は普段よりも高まっているため
 
低GI値の炭水化物でグリコーゲンを筋肉へと送りこむことで、
脂肪蓄積を防ぎながら筋肉分解抑制ができますニコニコグッド!
 
 
☆トレーニング前は、賛否両論美しいBODY☆STYLEにRe:Make!大阪パーソナルトレーナーダイエットブログ-315835_17.gif
 
 
 
三番目は
 
朝食時
 
これから活動する一日の始まりですニコニコ
今からエネルギーを使うため、炭水化物を摂取しても消費されやすいんですねニコニコグッド!
 
朝はコルチゾールレベルが高めなため、それを抑制するために、炭水化物を摂取し、インスリン感受性を高めようというもの。
 
インスリン感受性が高ければ、血糖値が上がっても、筋肉へグリコーゲンとして蓄えてくれるんですねニコニコ
 
四番目は、
 
お昼
 
朝ご飯抜きだった人などは、ここで炭水化物を摂取しておくと、夕方お腹空くこともなく、夜まで頑張れますニコニコ←食べすぎは気をつけて☆
 
 
最後は、
 
夜ご飯
 
 
夜は活動時間も少ないし、脂肪や栄養を蓄える準備や、細胞修復をする時間。
 
炭水化物は摂らなくてもよい時間帯です。
 
この時間帯は、インスリン感受性が低くなるため、中性脂肪へと蓄えられやすくなるんですよっショック!
 
 
どうしても食べたいという場合
 
GI値の低いものを少量いただきましょう美しいBODY☆STYLEにRe:Make!大阪パーソナルトレーナーダイエットブログ-324007_17.gif
 
 
 
例外は…
夜に筋トレをした場合、筋トレ直後の必要最低限の炭水化物は摂取してオッケー(^O^)/
 
 
ただ、やはり夜なのでGI値の低い炭水化物を摂取したほうが、脂肪を溜めず筋回復&成長を助けてくれるようです(^_-)-☆
 
 
この一日の中でのカーボサイクリングを、ちゃんと守るだけで、
 
体重、脂肪は落ちていきますよニコニコグッド!
 
 
 

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |