FC2ブログ

プロフィール

藤田貢子

Author:藤田貢子
大阪、ゴールドジムや関西圏での出張にてのパーソナルトレーニングを提供させていただいています。
自分自身、元々肥満体質で摂食障害や甲状腺低下症ありましたが、自分に合った正しいトレーニングと我慢しない食生活により断薬、25kgのダイエットに成功。男女問わず、パーソナルトレーニングで、年々下がる代謝にストップをかけるべく、一生痩せやすくいつまでも元気でいられる体質作りトレーニングをしましょう。

しっかり食べて全身を内から引き締めるパーソナルトレーニング。

当たり前のことですが、正しいフォーム、その人に合った角度、タイミング、食事法でやらなければ何年経っても変われません。

トレーニングでは、ウェイトやマシン、自重を用いた筋トレに、女性らしいくびれやヒップラインを形成するための独自の連動トレーニングやカイロプラクティックの要素を取り入れ、肩こり首こりなどを解消しつつ、中からコルセットをつけたかのように引き締まった身体にしていきます。


そして、一日、一日の食事やサプリメントのタイミングも、とても大切です。続かない食事制限やストレスは禁物!

トレーニングも食事もずっと続けられる方法が一番!

そのために、ゴールドジム公認パーソナルトレーナーが付き、あなたの体質や悩みに合ったパーソナルトレーニングと食事栄養プランを提供させていただきます。

ちょっと一歩進んだ独自のBody Re:Make パーソナルトレーニングで、今まで叶わなかった健康的な理想の身体を手にいれませんか。


最新記事


成長ホルモンは聞いたことあってもIGFは、あまりまだ聞き慣れないワードかもしれません。

IGF=インスリン様成長因子。

さてさてこのIGFって何なんでしょう?ダイエットやトレーニング、健康、肉体改造にどう関係があるのでしょう?

IGFは、成長ホルモンの同化作用の仲介役者。インスリンに似た構造のタンパク質。

IGFにもいろいろあり肝臓で生成分泌されるものIGF1や、筋肉で生成分泌されるものIGF1Eaなどがあります。
←この二つは同じような作用があり。

循環IGF1と呼ばれたりもします。

そしてIGFが筋細胞膜の受容器に結び付くことで筋タンパク質の合成が始まります。

IGF1肝臓分泌とは違うIGF1Ec筋細胞分泌、通称MGF(メカノマイクロ成長因子)は幹細胞を刺激することで筋肉の成長を刺激するホルモン。←こちらは物理的なストレス、トレーニングなどの後で発現する。

これが結構重要なやつなんです!

ってちょっと意味不明すぎますか?(笑)

筋細胞からのIGF1が分泌されることで筋肉の中身を増やすイメージですかね…ここがしっかりしていると、多少トレーニング中断してめ復活が早いんです。

いわゆるマッスルメモリー(^O^)/

とにかくIGFというものと成長ホルモン、トレーニングは切っても切れない重要な関係性を持っているということでf^_^;

次回はこのIGFと成長ホルモン、トレーニングとの関係と必要性なんかを書いていきたいと思いますo(^-^)o

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |