FC2ブログ

プロフィール

藤田貢子

Author:藤田貢子
大阪、ゴールドジムや関西圏での出張にてのパーソナルトレーニングを提供させていただいています。
自分自身、元々肥満体質で摂食障害や甲状腺低下症ありましたが、自分に合った正しいトレーニングと我慢しない食生活により断薬、25kgのダイエットに成功。男女問わず、パーソナルトレーニングで、年々下がる代謝にストップをかけるべく、一生痩せやすくいつまでも元気でいられる体質作りトレーニングをしましょう。

しっかり食べて全身を内から引き締めるパーソナルトレーニング。

当たり前のことですが、正しいフォーム、その人に合った角度、タイミング、食事法でやらなければ何年経っても変われません。

トレーニングでは、ウェイトやマシン、自重を用いた筋トレに、女性らしいくびれやヒップラインを形成するための独自の連動トレーニングやカイロプラクティックの要素を取り入れ、肩こり首こりなどを解消しつつ、中からコルセットをつけたかのように引き締まった身体にしていきます。


そして、一日、一日の食事やサプリメントのタイミングも、とても大切です。続かない食事制限やストレスは禁物!

トレーニングも食事もずっと続けられる方法が一番!

そのために、ゴールドジム公認パーソナルトレーナーが付き、あなたの体質や悩みに合ったパーソナルトレーニングと食事栄養プランを提供させていただきます。

ちょっと一歩進んだ独自のBody Re:Make パーソナルトレーニングで、今まで叶わなかった健康的な理想の身体を手にいれませんか。


最新記事


筋肉を追い込む方法には、いろいろありますが、

今回は

ディセンディングセット=ドロップセットについてお話したいと思います(`▽´ゞ

個人的にディセンディングという言い方のほうが好きなだけで、ドロップセットのことですが、

方法は

☆まず6〜12レップできる重量を設定します。
☆限界までこなしたら重量を下げてさらに6〜12レップ続けます。
☆これを1〜3回続けます。
例えば…ベンチプレス

通常の3〜4セット行った直後にインターバルなしに重量を5キロほど減らして8レップ。また重量を減らして8レップ…というような感じです。


そしてこの方法がなぜ筋肉発達によいのか??(゜Q。)??

筋肉は限界まで追い込むのか鉄則!!!

ですが6〜12レップできる重量で行えるセット数は限られています。

そこで、限界に達するたびに重量を減らしながら継続して通常のレップ数を超えてセットを行うことで筋肉発達を促す方法がこのディセンディング=ドロップセットなのです(`▽´ゞ


注意点としては、フリーウェイトで行う場合、初心者の方はパートナーやトレーナーさんに補助ついてもらっていたほうが安全です。

感覚がわからないと、いきなり潰れる…とかありえますからねf^_^;

マシンだと一人でも安全に行えますが。

ただし、ちゃんと追い込まなければ意味がなくてしんどくてレップ少なくやめてしまっては

不完全燃焼になってしまうので、自分との戦いとも言えますね( ̄▽ ̄;)

レップ数を意識するより、本当にあげれなくなるくらいまで追い込んでから重量を減らしていくのがベストです。


でも的確に取り入れれば、普段のマンネリトレーニングや刺激不足なトレーニングを一新して

かなりの効果的な体感が得られるはずですよo(^-^)o

体感としては、最後はかなり軽めな重さで行うのにも関わらず、いきなり途中から鉛がのしかかったかのような重さに見舞われます((゜Д゜ll))そして終了後は筋肉が焼け付く感覚が味わえますね。

わたし自身は、クライアントさんたちにベンチプレスでこの方法をしていただいて筋肉が燃え焼き付く感を感じていただいています( ̄▽ ̄)ψ

明日から、ちょっとトレーニングに取り入れてみてください♪

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |