FC2ブログ

プロフィール

藤田貢子

Author:藤田貢子
大阪、ゴールドジムや関西圏での出張にてのパーソナルトレーニングを提供させていただいています。
自分自身、元々肥満体質で摂食障害や甲状腺低下症ありましたが、自分に合った正しいトレーニングと我慢しない食生活により断薬、25kgのダイエットに成功。男女問わず、パーソナルトレーニングで、年々下がる代謝にストップをかけるべく、一生痩せやすくいつまでも元気でいられる体質作りトレーニングをしましょう。

しっかり食べて全身を内から引き締めるパーソナルトレーニング。

当たり前のことですが、正しいフォーム、その人に合った角度、タイミング、食事法でやらなければ何年経っても変われません。

トレーニングでは、ウェイトやマシン、自重を用いた筋トレに、女性らしいくびれやヒップラインを形成するための独自の連動トレーニングやカイロプラクティックの要素を取り入れ、肩こり首こりなどを解消しつつ、中からコルセットをつけたかのように引き締まった身体にしていきます。


そして、一日、一日の食事やサプリメントのタイミングも、とても大切です。続かない食事制限やストレスは禁物!

トレーニングも食事もずっと続けられる方法が一番!

そのために、ゴールドジム公認パーソナルトレーナーが付き、あなたの体質や悩みに合ったパーソナルトレーニングと食事栄養プランを提供させていただきます。

ちょっと一歩進んだ独自のBody Re:Make パーソナルトレーニングで、今まで叶わなかった健康的な理想の身体を手にいれませんか。


最新記事


内からも美しくなるためのお掃除役食物繊維のこと

食物繊維は栄養素とは呼べませんが、体内で大切な働きをしてくれるため第6の栄養素と言われています。食物繊維は、ダイエタリーファイバーとも世ばて、人の消化酵素では分解されず、便とともに排出されエネルギーにはなりません。しかし、この食物繊維は、健康維持やダイエットに重要な役割があり、脂肪性食品の多い現代人にはとても大切な栄養素なのです。

食物繊維の働き
咀嚼回数が増えることで、満腹感がもたされ食べ過ぎ防止に一役かってくれるのですが、注目すべきは...腸内、体内のお掃除役!!水分を含むと膨らんで腸内容物の体積を増やし、腸内粘膜を刺激してくれることで便通促進になります。そして、不必要なコレステロール、脂肪、吸収されなかった栄養素と絡まりあい、身体の外へ排出してくれるため、無駄なものが身体に残らない=溜めないからだにしてくれるのです。

どんなものを摂ると良い?
食物繊維には不溶性のものと、水溶性のものとあって、2:2の割合で摂取するといいとされています。
*不溶性…キノコ類、根菜類、リンゴ、おから、きな粉、豆類
*水溶性…海藻、こんにゃく、アボカド、大麦、納豆
*適量って?…一日に20gを目安に摂取してみましょう。

♪プチ得情報♪
脂っこい食事や炭水化物の多い食事の際、粉末の食物繊維商品をお水に溶かして一緒に摂ることで、不必要な脂肪分や糖質の吸収を抑えることが出来ます。ただし、あくまでも抑えるだけなので、安心して食べ過ぎたりしないように気をつけて下さいね。
内からも美しくなるためのお掃除役食物繊維のこと

食物繊維は栄養素とは呼べませんが、体内で大切な働きをしてくれるため第6の栄養素と言われています。食物繊維は、ダイエタリーファイバーとも世ばて、人の消化酵素では分解されず、便とともに排出されエネルギーにはなりません。しかし、この食物繊維は、健康維持やダイエットに重要な役割があり、脂肪性食品の多い現代人にはとても大切な栄養素なのです。

食物繊維の働き
咀嚼回数が増えることで、満腹感がもたされ食べ過ぎ防止に一役かってくれるのですが、注目すべきは...腸内、体内のお掃除役!!水分を含むと膨らんで腸内容物の体積を増やし、腸内粘膜を刺激してくれることで便通促進になります。そして、不必要なコレステロール、脂肪、吸収されなかった栄養素と絡まりあい、身体の外へ排出してくれるため、無駄なものが身体に残らない=溜めないからだにしてくれるのです。

どんなものを摂ると良い?
食物繊維には不溶性のものと、水溶性のものとあって、2:2の割合で摂取するといいとされています。
*不溶性…キノコ類、根菜類、リンゴ、おから、きな粉、豆類
*水溶性…海藻、こんにゃく、アボカド、大麦、納豆
*適量って?…一日に20gを目安に摂取してみましょう。

♪プチ得情報♪
脂っこい食事や炭水化物の多い食事の際、粉末の食物繊維商品をお水に溶かして一緒に摂ることで、不必要な脂肪分や糖質の吸収を抑えることが出来ます。ただし、あくまでも抑えるだけなので、安心して食べ過ぎたりしないように気をつけて下さいね。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |