プロフィール

藤田貢子

Author:藤田貢子
大阪、ゴールドジムや関西圏での出張にてのパーソナルトレーニングを提供させていただいています。
自分自身、元々肥満体質で摂食障害や甲状腺低下症ありましたが、自分に合った正しいトレーニングと我慢しない食生活により断薬、25kgのダイエットに成功。男女問わず、パーソナルトレーニングで、年々下がる代謝にストップをかけるべく、一生痩せやすくいつまでも元気でいられる体質作りトレーニングをしましょう。

しっかり食べて全身を内から引き締めるパーソナルトレーニング。

当たり前のことですが、正しいフォーム、その人に合った角度、タイミング、食事法でやらなければ何年経っても変われません。

トレーニングでは、ウェイトやマシン、自重を用いた筋トレに、女性らしいくびれやヒップラインを形成するための独自の連動トレーニングやカイロプラクティックの要素を取り入れ、肩こり首こりなどを解消しつつ、中からコルセットをつけたかのように引き締まった身体にしていきます。


そして、一日、一日の食事やサプリメントのタイミングも、とても大切です。続かない食事制限やストレスは禁物!

トレーニングも食事もずっと続けられる方法が一番!

そのために、ゴールドジム公認パーソナルトレーナーが付き、あなたの体質や悩みに合ったパーソナルトレーニングと食事栄養プランを提供させていただきます。

ちょっと一歩進んだ独自のBody Re:Make パーソナルトレーニングで、今まで叶わなかった健康的な理想の身体を手にいれませんか。


最新記事


パーソナルにも筋トレにもいろいろあって、いろんな考えがあると思いますo(^-^)o

わたしは、もともと運動音痴の運動嫌い、、、フィットネスクラブに通いはじめた頃はマシンやスタジオレッスンばかりで、スタッフさんに教えてもらったものを、なんとなくこなしていました。


だけど、いろんな筋トレやエクササイズを自分自身行ってきて思うのが、



やっぱりフリーウェイトでのトレーニングが一番安全で、的確で、効果的ということ(。・_・。)ノ

マシンは安全だからとか言われます。確かに落としたりすることもないし、可動範囲が制限されているため安全なように思えます。

でもマシンってそのマシンの形に身体が合ってないとちゃんと効かないし、怪我してしまうことだってヽ(´o`;


わたしは元々猿腕が酷く、、、(女性に多いのですが。)

あるメーカーのマシンカールを行うと無理な方向に力が加わるため肘関節が痛くなります(*_*)

教科書通りの解剖学的な身体なら合うかもしれないですが、人ってみんな微妙に違うし、合うマシンと合わないマシンってあるんですよね(。・_・。)ノ


その点、フリーウェイトは、角度、幅、深さなど自分に合わせて動かせるし、可動範囲も広くできるので、

しっかり鍛えられますo(^-^)o


そして、何と言っても、全身運動にもなるため代謝をあげるにも手っ取り早い!

今流行り?の体幹だってバーベルやダンベルを担いだりするだけで、充分鍛えられます♪

バランストレーニングにだってなります。

自己矯正にだってなります(o^^o)



正しいフォームや正しい身体の使い方をフリーウェイトで身体に身につけておけばマシントレーニングでも簡単にちゃんと効かせることが可能♪


もちろん、わたしのパーソナルトレーニングのレッスン内では、マシンも扱います。
対象部位を集中的に鍛えることができるし、マシンにも沢山メリットがありますからo(^-^)o


そのマシンを正しく扱うためにも身体の使い方が大事。

マシンにしても普段の生活にしても正しい身体の使い方ができなければ、身体はなかなか変わらないし、怪我をしたり歪んでしまいます(>_<)



その基礎をつけるためにもフリーウェイトを行ってほしいのですo(^-^o)(o^-^)o



ポイントは正しいフォームで扱うことなので、出来るだけ最初のうちに、しっかりウェイトトレーニングをプロトレーナーさんから学ぶことをお勧めします(^o^)



バーベルやダンベルは、女性には抵抗あったり、太くなるイメージが強いですが

正しいフォームで扱えば太くもならないし、逆にギュッと引き締まって細くみるんですよ\^o^/


相当の時間と相当の根性と重さを扱わないと女性は太くなれません( ̄▽ ̄;)ご安心を、、、


わたしはバックランジ85キロ以上を挙げますが、それでもパンツはXSもしくはXXSです(笑)



というより正しいフォームでしっかり鍛えていたら、
Lサイズのムッチリ脚が一年もしないうちに
XSになったんですよね(^_-)-☆


体重よりも見た目とSIZE!(^^)!

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |